トップ > ニュース > 2010年 > 共生型事業『くむくむ』オープンします

ニュース:2010年
前のニュースへ 次のニュースへ
共生型事業『くむくむ』オープンします 10/04/16

「くむくむ」とは・・・

「CUM」(クム)とは、ラテン語で「共に」という意味があります。「クム」を2つ合わせ「共に」が2つで子供と大人、障害者と高齢者、乳幼児とお母さんなど世代や障害を越えた交流の場として活用してほしいのです。
「くむくむ」では、『共生型事業』として施設の利用者と地域の方が交流できる場所を作り、楽しみながら学び、やさしさと思いやりを育み、互いの理解と地域における支えあいの拠点となってほしいと願っています。

キャラクター「くむくむクン」とは・・・

「くま」に見えるが「くま」ではない、実は背中に天使のような羽があるのです。遊び好きで何にでも興味を持ち、みんなが集まる場所に飛んでくるのです。

主な事業内容

■むかし遊び・むかし話
「くむくむ」は、地域に伝わる昔ながらの遊びや知恵を体験することで、楽しみながら伝統や文化に触れるきっかけを作ります。また、高齢者の子供の頃の思い出や、郷土の歴史を直接お話しを聞く機会を作り歴史や文化に触れるきっかけを作ります。
■しごと体験
「くむくむ」では、クピドで行なっているいろいろな仕事を体験していただき、仕事の大変さや責任感、仕事を通じてたくさんの人との交流をはかり、みんなで仲良く働く楽しさや喜びを感じていただく機会を作ります。
主として、夏休み、冬休み、春休み等の長期休みの期間に実施します。
月間予定表にて事前にお知らせします。人数に限りがあるため事前募集します。
■「食べる」を学ぶ
地域の産物、昔ながらの食べ物、手作りのおやつなど実際に作りながら地域の文化や慣習を体験します。栄養やバランスを考えた献立作りやカロリーの少ないお菓子作りなども実際に作りながら学ぶことができます。
■健康・スポーツ
「くむくむ」は、みんなが参加できるスポーツを考案し、定期的に競技会を開催し楽しみや交流の機会を作り、健康に生活するきっかけを作ります。
■ふれあい
上記の活動全てにおいて共通のテーマです。夏休み、冬休み等の時期に特別企画として日頃体験できないいろいろなことを企画し、楽しんでいただこうと考えています。
■プレイルームの開放
「くむくむ」は、地域で活動しているボランティアや子育て真っ最中のお母さん達など各種サークルにプレイルームを無料開放し、情報交換や交流のお手伝いをします。
*貸し出しの予約や開放曜日・時間についてはお電話にてお問い合わせ下さい。

TEL:0126-23-1111  FAX:0126-22-5638

ニュース一覧へ戻る